これだけでネパールとインドのサラダの味が再現【チャットマサラ】ブランドは【MDH】ね

カチュンバルというメニュー名にピンときたらスパイス好き、しかもネパールやインド方面の料理好きで間違いない。
キュウリとトマトと玉ねぎを さいの目切りもしくはザク切りにしてスパイスで和えたシンプルサラダ。
オイリーなカレーを始めとした料理、うっかりチーズナンをオーダーしてしまった時には
このサラダがとても嬉しい存在になる。
初めて食べた人の印象は「え?! ゆで玉子の匂いするけど?!」じゃないかな。
自分も初めての時はそうだった、
原材料名を見てみよう。

トップから羅列するのは含まれる比率が多い順てことだね。
食塩、マンゴー(アムチュール、フィレパウダーってことで酸味だな )、クミン(まあ当然)、
メロン(え?よくわからない)、黒胡椒、ざくろ(これも酸味かな)、コリアンダー(シードだね)、
ミント、ナツメグ、チリ(そんなに辛くない)、キャラウェイ、
レースフラワー(って何?)、クローブ、アサフェディダ

初めて出会った頃、まだアサフェディダ、つまりヒングの香りを知らなかったので
このゆで玉子の香りがそうなんだろうなと思ってた。
しかし! 根本的に間違ってた。
ヒングの香りは悪魔のウ◯チと言われるくらい臭いもの。
それに比べるとあきらかに異なる。
お腹が張ってて何日か大きいのが出ないとか前日肉食やニラやニンニク系料理食べたときの
pu--
に似てる。そう、硫黄温泉の香り。

これ、ヒマラヤ岩塩の匂いなんだよね。
ピンク色だけどブラックソルトって言われてる塩。

とにかくその香りが強いので他は酸味りクミンの香りくらいしかわからないんだけれどw
d0355826_02461884.jpg
いろんなマサラを出しているMDHブランドのものがオーソドックスなんじゃないかな。
とにかく、野菜を切ったらこれをかけるだけ。
オイルを加えてもいいけれどオリーブオイルだとそっちの香りが目立つから
あえてサラダ油とか余裕があったら太白胡麻油(茶色じゃなく透明のやつ)を加えるといいよ。

価格は250円〜300円くらい。
フルーツサラダにも面白い感じで美味しいからやってみて。

どこで買えるかというと
東京なら新大久保のイスラム横丁と大久保通り挟んだ反対側の路地の食材屋さんほぼ全てで扱ってるかな。
d0355826_02463020.jpg
アメ横センタービルでもあると思う。
こんな感じでいろんなブレンドマサラがあるから
ビリヤニとかインドカレーとか
日本のルーで作るカレーじゃないやつ作りたいと思ったら電車賃かけても安いから行ってみるべき。

チャットマサラはガラス瓶に移し替えれば香り全然飛ばずにキープできるよ。





[PR]
トラックバックURL : https://rrammy.exblog.jp/tb/26204151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ramyai_robin | 2017-12-05 03:15 | ネパール料理 | Trackback | Comments(0)