噂のヒマラヤ鍋のスープをランチブッフェで。【クンビラ】


恵比寿の駅近だけどディープゾーンと言われてしまうのはたった1軒の建物のせい。
それは置いといて、こちらもディープな建物、そしてディープな店内。
とか言っても、おひとりさまでも全く問題ないので ネパール料理初心者さんにもおすすめなランチブッフェ。
とか言っても、平日のランチブッフェにはネパール定食では当たり前のダルバートの"ダルスープ"は無いのでご了承を。
そう、ここではダルスープではなく
女性誌を筆頭に各種メディアに紹介されてる
ヒマラヤ鍋 ! のベースのスープがランチでは飲み放題!
d0355826_02571675.jpg
この 濃いイエローのスープ!
器に注いでほんの一瞬時間が経つだけで油膜が張ってるのわかるかな?
まるごとチキンをじっくり煮出したスープ、
濃い黄色で初めて飲んだ時はバターが溶け込んでる?って思った。
ランチブッフェの主役はこのスープと言っても過言ではない。
毎回、チキンスープの他にはどんな物を使ってるのか聞くのだけれど
聞く人が異なっても答えは同じ
「ヒマラヤの高山ハーブとスパイスと岩塩ね」
少しはハーブとスパイスの知識があるつもりなので
「そのハーブって何?」と聞くが今回も詳細はわからず。
この、黒っぽい粒は何だろう。
ネパールのダルスープに浮かぶジーラ?はクミンだよな。でも、そんな香りしなかったし。
わからない。けど、ヒマラヤ鍋のスープ...のベースのスープ(ややこしいな)
ここでしか味わえない。他のネパール料理店で出会ってないし。
とても薄味なので並んでるカレー等メインを食べると脂っこいお湯を飲んでるみたいに思うかもだけど旨い。

ところで。ヒマラヤ鍋って何?モデルやタレントが絶賛! どんな鍋?と思ったらそれはキーワードでググって。
自分はランチタイムのこのベーススープしか知らないから。

メイン。
d0355826_18141336.jpg
日替わりのカレーは二種類かな。
この日はジャガイモとひよこ豆のカレーと
チキンと大根のカレー。
マイルドなので辛さは左手前のチリソースで調整。
そのチリソースの上のは開店当初ブッフェ当初からある伝統的なチャウミン。
平打太麺のチリソース焼きそば的な。
岩塩とスパイスで味付けというけれど日によってバラツキあるのはご愛嬌。

左の3つ重なってるのはヨーグルトのプーリー。
と、表示されてたけれどプーリーって油で揚げて皮が薄くて中は空洞だよね?
これは油では揚げてあるけれど中も濃密。
ナンでもないしプーリーでもないしバトゥラでもないし...
よくわからないけれどカレーをすくって食べるとおいしい。

あまーーーーいラッシーは着席時に最初の1杯がサーブされる。
その後もおかわり自由。
サラダのトマトのドレッシングはゴルベラアチャール風。

平日はランチタイムでも待ち時間なく食べられる
となると やはりネパール ビギナーにも
テーブル数充実なのでおひとりさまにも
おすすめなネパリダイニング。

クンビラ

[PR]
トラックバックURL : https://rrammy.exblog.jp/tb/23959636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ramyai_robin | 2017-03-20 15:00 | ネパール料理 | Trackback | Comments(0)